<< 純潔のマリア 1 | main | ビールの教科書 >>

スポンサーサイト

  • 2010.10.31 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「普通がいい」という病

総じて普通になりたいという言葉の裏側には・・・
っていう感じです。
基本的には心理学的カウンセリングにおける著者の経験から導き出されたひとつの答えのようです。

んなアホなというところとですよねーというところがありまして。
全体的には終始なるほどなるほど
となった本です。

愛と欲望なんてところはほんとにねーなるほどなーと思いました。

自分の子供が真理をついた質問をしてきたときにどう答えてあげようかと考えると、自分がいかにして生きてきたかで考えなければならないとすれば、今の自分の居場所や思考的価値観はこれでいいのかなーと思ったりしますね。

とてもタメになった気がします。

中古本屋さんでなんの気なしにふと目に止まったので勢いで買ったんですがね。
その流れに乗っかってよかったかなーと思える本でございます。

良本。


JUGEMテーマ:読書

スポンサーサイト

  • 2010.10.31 Sunday
  • -
  • 16:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM