スポンサーサイト

  • 2010.10.31 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ヨーロッパの王朝

図説 ヨーロッパの王朝

授業で使うような本の感じですが、大変面白く読みましたよ。
まぁあれですね
ヨーロッパは民族意識が強いのに、王族はいろんな民族から来てるんですね。
とはいえ、何代前に同族が居るというだけでよかったのかもしれない。政略結婚で血族的には縦横無尽に連なってるということなのでしょう。
私から見るとカオスな状況といえるのですが、向こうではそれが当たり前だったということでしょうね。

大変勉強になりました。

面白かったです。


JUGEMテーマ:読書

わが友マキアヴェッリ

わが友マキアヴェッリ 〜フィレンツェの存亡〜

読み終える。

文庫版じゃないんですけどね実際読んだのは単行本のほうです。

マキャベリかと思ってましたがマキアヴェッリなのでしょうかね。
さてマキアヴェッリの生きていたルネサンス真っ只中のフィレンツェの歴史をかいま見たわけですが、フィレンツェが特殊なのかイタリアっぽさが多かったですね。
この時期に都市国家って弱肉強食の弱であるのは言うまでもなく、どちらに庇護を求めるかに終始することになるよね。
まぁそれで生きて行くということなら特に問題はないですし。現に後期はどうかわかりませんが金融国家だったわけだしね。

さてマキアヴェッリの生涯はマキャベリズムでお馴染みの「君主論」しかしらなかったので、いい勉強になりました。

いずれ行くことになるだろうフィレンツェの中世しかもルネサンスのお話をメディチ家の歴史とともに学べたということには、とても意義のある読書でした。

塩野七生女史のシリーズは一応こなして行こうかなと思います。


JUGEMテーマ:読書

ベルセルク 35

35巻をやっと読んだ。

グリフィス編が終わって
ガッツ編に移りますね。
幽霊船からです。

いやはや、どうなっていくんでしょうかね?

このまま行くと対決はずーっと先のような気がします。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

激動の東欧史

来るべき未来のための勉強と称して読んでみました。
第二次世界大戦後から1990年ドイツのベルリンの壁崩壊あたりまでの
東欧、主にチェコスロヴァキア、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、ユーゴスラヴィア、東ドイツ、アルバニアらへん。
社会主義でソ連の共産圏に属し、事件や問題を経て、どう移り変わり、自由選挙まで行ったかという流れですね。

勉強になりました。

このへん普通に生活してたらほとんど交わることのないことかもしれませんが、名前だけ知ってどんなことやってたか知らない人とか出てきたりしますからね。面白かったですねぇ

うん。

ただ、頭に全然入ってきてないのかもしれませんがw

JUGEMテーマ:読書

インパラの朝

読んだ。

旅行記と言えば旅行記で旅の記録なんだけど、一編一編が断片的であるためにそう感じるのか、どちらかというと哲学的な感じがするのです。

それでも後半、アフリカあたりから俄然面白くなって行きますね。
アフリカの問題にとてもリンクしてて、なおかつ著者の人間性が垣間見れるような気がします。

タンザニア編は秀逸で、とても面白かったです。

前半はあまり印象深い部分がなかったりしますがね。

前に読んだ本のように、すぐ現地の人と日本の戦争史と絡めて自分の言いたいことをいいまくる旅ものよりかはよっぽどマシ。

比べてはいけませんがね。


JUGEMテーマ:読書

ローマ人の物語 40

キリストの勝利 (下) です。

蛮族皇帝から東西分裂まで。

キリストの勝利はなにに対して勝利したのかを分けて書いてますね。

これから皇帝よりキリスト教あるいはキリスト教司教クラスが上に立つことになるわけですね。

フン族ってあれかねモンゴロイドかしらね。

これからずっと何世紀もキリスト教の世界になるのがすごいですね。ほんと


さて、次の巻のシリーズはまた一年後かねー。



旅に必要そうなので買ってみた。

まぁいつ使うか決まってないんですがね・・・。

頭がヨーロッパタイプなので

もう一ついろいろ変形する変形プラグアダプタを用意しておこうかと思いますが

それはまた次の機会に。

まだ使わないしw

三個口ですのでPCのほかに一気に使えるでしょう。

ヨーロッパ方面では必需品ということで、

さて使うのはほんといつになるやら・・・




ローマ人の物語 39

キリストの勝利 (中) 読み終える。

皇帝ユリアヌスのターンです。
前の巻で副皇帝としてのユリアヌスは勇ましくすばらしい人であるのに対して
この巻のユリアヌスは評価が下り坂状態でして、

あげといて下げる、みたいな感じです。

キリスト教に傾いた帝国をもとに戻そうとしたということには感嘆しますね。
そまりつつある世界ではそう簡単にはいきませんでしたね。

次は蛮族皇帝ヴァレンティニアヌスさんです。

ユリアヌスとヴァレンティニアヌスの間にひとり居ました。

かわいそうな子です。


次も続き読みます。


JUGEMテーマ:読書

ヒストリエ 1

紀元前300年ほどまえのギリシア全盛期時代かな。
面白いと聞いていて初めて読みました。
はい。面白いです。

まだ1巻なのでどういう話になっていくかまるで検討はつきませんが
いい感じがします。

ふむ集めていこうかなー


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ばっちりざんす。

THE イナズマ戦隊,上中丈弥,白井良明,KANAME
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 2,336
(2004-10-20)


くされ戦記をずっと見てて、オープニングにすっかり魅せられちゃいましたね。

一応、今うpされてる分までは追いつきましたが

イナズマ戦隊のバーダラブギですか。

はしばへんのオープニングがすっごい面白くできてますねぇ。

すごいですw

おもわず、iTunesでぽちってしまいました。

とてもノリがいいですw

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM